news!!

岡山芸術創造劇場(仮称)プレ事業 ひと・まち・つくるプロジェクト
〜新しい文化芸術施設を交流と創造のひろばに〜

岡山市は、岡山市民会館・岡山市民文化ホールに代わる「岡山芸術創造劇場(仮称)」の整備を、2022年度の開館をめざして進めています。
本劇場が、これからの中心市街地の活性化や豊かな創造都市の発展につながるよう、また、市民の方々から共感と期待をもって迎えられるよう岡山市とNPO法人アートファームは、協働で昨年度に続いて「ひと・まち・つくるプロジェクト」を実施いたします。
今年度の「わが町」ものがたりでは、地域の魅力を表現する連続ワークショップと、まちを舞台にした成果公演を通じて、多様な市民参加の機会を創り出し、劇場のある創造的なまちづくりへの機運を高めてまいります。

街頭劇「まち歩きシアター」

岡山芸術創造劇場(仮称)が誕生するまち---栄町・紙屋町・千日前・西大寺町・京橋の物語10作品を、朗読とパフォーマンスで巡る「まち歩きシアター」。プロの演出と市民参加で創作する街頭劇を、まち歩きしながら体感する二日間。物語に出会うと、まちはもっと面白くなる。

日程: 2019年3月23日(土)・24日(日)
集合時間: 13:00
集合場所: 栄町「雷電館」(岡山市北区表町2-6-64
開演: 13:30  終演: 15:30(多少の前後あり)
料金:  鑑賞料はカンパ投げ銭方式。カフェ等でのドリンクは参加者負担

【内容】

◆ 物語創作&朗読公演◆

「聞き書きワークショップ」の参加者が取材し創作した作品と、委嘱した詩人・秋山基夫作品を加えた10作品(各日5篇)をリーディング。
物語創作講師/演出:角ひろみ

◆ パフォーマンス&美術◆

10篇(各日5篇)の物語が移動上演される商店街や会場において、身体と造形によるコラボレーションが展開され、「まち歩きシアター」はより祝祭的なステージへ。
演出: 小野寺修二
美術: カミイケタクヤ
出演: 大庭裕介、崎山莉奈、藤田桃子、小野寺修二、姜侖秀

◆アーティストトーク◆

まちと物語の出会いによる地域の魅力再発見について、新しい劇場の誕生するまちの未来について、終演後に舞台芸術アーティストによるポスト・パフォーマンス・トークを開催します。
発言: 沖田喜一、小野寺修二、申瑞季、カミイケタクヤ、角ひろみ、古市福子
進行: 大森誠一
日程: 3月23日(土)16:00~
会場: 紙屋町・KOTYAE(コチャエ)

 

https://natalie.mu/stage/news/321583

KAC Performing Arts Program 2018 / Music 
#1 中川裕貴『ここでひくことについて』
http://www.kac.or.jp/events/24734/

 

プログラムについて私はここまで楽器(主にチェロ)を演奏し、音楽のようなものを創ることをしてきました。 そしてその中で感じてきたのは、「その行為=演奏は、本当に"音楽を生み出すためだけの行為"なのか?」という問いでした。 辞書には、演奏とは「音楽を現実化する行為である」とあります。 

その定義は理解できます。しかしその定義が残してきた筆跡を受け止めながらも少し遠くに連れていくこと。 そこで私は、その定義の中の「音楽」を抜いた、つまり「現実化する行為」という部分を支点とし思考を巡らせることしました。 (現実化する行為:これをひとまず「何かをここに召喚する、在るもののように見せる、そしてそれを身体という限定されたものが行う」と定義させてください) そしてその思考から、私は今回の企画において、3つの演奏/製作物を残すことにしました。

また演奏とは「音楽の少し手前にあるもの」だという感触があります(行為から僅かに遅れて音楽がやってくるのであれば、そう言えるのではないでしょうか?)。 誰もが音楽を使うことができる(もっと言うなら創ることさえできる)現実が今ここにはありますが、その手前に立つこと。 「ここでひくことについて」は、そのような位置から、音楽、そして私やあなたの身体、イメージ、距離、意識、接触について考え、 その思念/行為が何らかの「対岸」へと波及することを目指しています。 タイトルがそうであるように、たくさんの埋められた意味の前で、各々が立ち上がること、何かを引き寄せること、立ち去ること... それを音と共に。
私は今、そのような意識のもと、ここにいます。(中川裕貴)

構成・演出:中川裕貴
作曲・演奏・出演:中川裕貴
中川裕貴、バンド
 中川裕貴(Cello)
 菊池有里子(Piano)
 横山祥子(Violin)
 出村弘美
 穐月萌

舞台美術:カミイケタクヤ 
舞台監督:十河陽平(RYU) 
音響:粕谷茂一(slim chance audio) 
照明:魚森理恵 
FM サウンドシステム(プログラムC):SHC 
フライヤー写真:柴田修兵 
フライヤーデザイン:古谷野慶輔
日時
2019年2月22日 (金) - 2019年2月24日 (日) 
2月22日(金)16:30(C)、18:00(A)、19:30(B)
2月23日(土)15:00(B)、16:30(C)、18:00(A) 
2月24日(日)13:00(C)、14:30(B)、16:00(A)
会場
京都芸術センター 講堂、フリースペース、大広間

主催
京都芸術センター

問合せ先
京都芸術センター
TEL: 075-213-1000
FAX: 075-213-1004
E-mail: info@kac.or.jp

 

ASSEMBRIDGE NAGOYA2018

 

 

大行進 

 

演出、出演 山下残 

美術 カミイケタクヤ 

 

2018年11月9日(金)~11日(日)19:00開演(上演時間30分)

会場:旧・名古屋税関湊港寮

 

 

 

庭劇団ペニノ「笑顔の砦」RE-CREATION

http://niwagekidan.org/performance_jp/760

作・演出:タニノクロウ

 

出演

井上和也 FOペレイラ宏一朗 緒方晋 坂井初音 たなべ勝也 野村眞人 百元夏繪 (五十音順)

スタッフ

美術:カミイケタクヤ 照明:伏屋知加 音響:椎名晃嗣 演出助手:北方こだち 

舞台監督:夏目雅也 宣伝美術:山下浩介 制作助手:竹内桃子 制作:小野塚央 

 

【豊岡公演】

日時:20181124日(土)140025日(日)14:00

会場:城崎国際アートセンター

 

主催・製作:城崎国際アートセンター(豊岡市)

助成:平成30年度 文化庁 文化芸術創造拠点形成事業

企画制作:合同会社アルシュ

■お問合せ 城崎国際アートセンター 0796-32-38889:00-17:00 火曜休館) info@kiac.jp

http://kiac.jp/

 

【大阪公演】

日程:20181129()122日(日)

1129日(木) 1930

1130日(金) 1430分☆・1930

121日(土)  13時・18時☆

122日(日) 15

☆アフタートークあり。

会場:independent theatre 2nd

556-0005 大阪府大阪市浪速区日本橋4丁目7-22 インディペンデントシアター2nd

■お問合せ

お問い合わせ:niwagekidan@gmail.com

       080-4414-2828(平日11時〜19)

企画:庭劇団ペニノ

主催:合同会社アルシュ

共同製作:城崎国際アートセンター(豊岡市)

 

助成:芸術文化振興基金

 

 

 

ノトスラボvol.12Chonpu- チョンプー』

仙石桂子が作・演出を手掛ける5作目の舞台公演。

振付にモモンガ・コンプレックス主宰、白神ももこを迎え、そのユニークなダンスも見どころ。

出演は四国学院大学の学生、プロの俳優、香川県善通寺市民に加え、

ピアニスト、バイオリニストを迎え、生演奏とともに人の心のうつろいや、さまざまな愛の形が、5つの短編の糸をよるように紡がれるドラマをお届けします。

 

上演演目:「病と気と殻」「PIANO」「やかんを火にかける」「よい子わるい仔ふつうの児」「メオトメ」

 

【作・演出】仙石 桂子 Sengoku Keiko

即興演劇シーソーズ主宰・四国学院大学社会学部身体表現と舞台芸術マネジメント・メジャー准教授・修士(教育学)

2006年より一橋大学学生相談室職員、2010年よりタイのシラチャ日本人学校国語科専任教諭を経て、2012年より現職。専門は演劇教育、インプロ(即興演劇)。

一橋大学勤務時には、学生に向けてコミュニケーションスキルアップセミナーを行うかたわら、

国立市まちかどホール、練馬区関中学校、千葉市社会福祉研修センター、志仁会などでインプロを使ったワークショップを実践。

 

シラチャ日本人学校では、国語科の授業の中にインプロを取り入れた授業を実践。著書に『ドラマ教育入門』(図書文化社、共著)。

【振付】白神  ももこ Shiraga Momoko

ダンス・パフォーマンス的グループ「モモンガ・コンプレックス」主宰。

全作品の構成・振付・演出を担当。無意味・無駄を積極的に取り入れユニークな空間を醸し出す作風には定評がある。

フェスティバル/トーキョー14では美術家毛利悠子、音楽家宮内康乃らとストラヴィンスキーの『春の祭典』を手がけた。

 

子どもから大人まで老若男女問わず一般向けのダンスワークショップも行う。

 

■出演

小飯塚貴世江(クリオネ)渡猛(6-dim+)沖野まや

北村茉由 小林誠 マテオペレスエスティフタカヒコ 宮地真優

星野晋代(ピアノ) 平野あずさ(バイオリン)

■スタッフ

舞台美術/舞台監督:カミイケタクヤ 舞台美術補佐:武智奏子 舞台監督助手:中村知佳都

照明プラン:高木里桜 照明操作:ミュウ・ライティング・オフィス 照明補佐:長尾淳美 江島慶俊

音響:児島塁 演出助手:宮地真優 ヘアメイク:持田景子 宣伝美術:カミイケタクヤ

制作:渡辺里紗 川畑菜美 上田英治

■主催 四国学院大学/SeeSaws 

■協力 四国学院大学パフォーミング・アーツ研究所(SIPA)

□チケット

【予約】一般:1,500  学生:1,000円  【当日】一般:2,000  学生:1,500

□予約・お問合せ

四国学院大学パフォーミング・アーツ研究所(SIPA)

TEL/FAX0877-62-2324(電話受付 平日10:0018:00)

 

E-mailsipa@sg-u.ac.jp

□日時

20181213日(木)18:00開演(受付一時間前開始)

□会場

広島市南区民文化センター<スタジオ>

732-0816 広島県広島市南区比治山本町1627